老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】

ニュース一覧

女性

毎日こつこつ続ける

誰でも自宅で出来る老眼予防法があります。最もお勧めしたい予防法は、眼のトレーニングです。具体的には遠近の物を交互に見たり、眼を閉じたり開いたりする行為を繰り返す事です。また、眼に良いサプリメントのような補助食品の摂取もお勧めです眼に良い代表的な成分は、ルテインです。

考える人

6種類の成分で快適な目

6種類の成分をバランス良く摂ることで、老眼の予防効果を期待できます。現代の日本人に不足している成分が多いため、意識的に摂ることが重要です。緑黄色野菜やブルーベリーなどの果実、魚介類を食べ、快適にものが見える目を維持しましょう。

目元

視力を守る栄養素を取る

老眼を予防するのに良い栄養成分は、アントシアニン、アスタキサンチン、ルテイン、ビタミンB1、ビタミンCなどがあります。常に摂取すことができるよう、食事でとることができなければサプリメントで取り入れる方法もあります。

女の人

目を若返らせたい

加齢に伴い老眼が始まりますが、予防法もあります。その中でもアントシアニンを含んだ食材を積極的に摂ることが最も望ましい方法です。その他、目の血流を良くするマッサージや、目の細胞を活性化させる水素水を飲むこともおすすめです。これらの方法は日常生活を送る上であまり負担にならずに実践できます。

目元に触れる女性

口コミを見てみよう

老眼の予防方法はたくさんあります。口コミ情報を見るとユニークな方法も見つかるので、いろいろと試してみるといいでしょう。もちろん人によって効果があるかどうかは分かりません。確実なのは眼科で定期検診を受けることです。

人気記事

女性

毎日こつこつ続ける

誰でも自宅で出来る老眼予防法があります。最もお勧めしたい予防法は、眼のトレーニングです。具体的には遠近の物を交互に見たり、眼を閉じたり開いたりする行為を繰り返す事です。また、眼に良いサプリメントのような補助食品の摂取もお勧めです眼に良い代表的な成分は、ルテインです。

考える人

6種類の成分で快適な目

6種類の成分をバランス良く摂ることで、老眼の予防効果を期待できます。現代の日本人に不足している成分が多いため、意識的に摂ることが重要です。緑黄色野菜やブルーベリーなどの果実、魚介類を食べ、快適にものが見える目を維持しましょう。

目元

視力を守る栄養素を取る

老眼を予防するのに良い栄養成分は、アントシアニン、アスタキサンチン、ルテイン、ビタミンB1、ビタミンCなどがあります。常に摂取すことができるよう、食事でとることができなければサプリメントで取り入れる方法もあります。

目の老化を防ぐ術

女性

進行を遅らせるための工夫

加齢に伴って身体の機能に衰えが生じることを老化現象と言いますが、その代表的なものの1つが老眼です。老眼は、簡単に言えば目がピントを合わせづらくなる現象です。一般的には遠くのものは見えるが近くのものがぼやけて見える、周囲が明るいうちは見えているが暗くなると見づらくなる、といった症状が出ます。また、それに合わせて目の疲れや痛み、頭痛・肩こりなどを発症することがあります。老眼が起きる要因は、目の動きをつかさどる筋肉の機能低下です。眼球にはレンズの役割を果たす水晶体という組織があり、この水晶体が厚くなったり薄くなったりすることで焦点距離を調整し、ピントを合わせます。しかし水晶体を支える毛様体という筋肉の働きが弱まるとこの調整がうまく行かなくなり、ものがぼやけて見えるようになるのです。老眼は加齢そのものが根本原因であるため、時間を戻すことができないようにいったん発症すると元の状態に戻すことはできません。ただ、生活上の工夫によって進行を予防することはある程度までは可能です。老眼の予防においてまず重要なのは、当たり前のことですが目を酷使しないことです。現代人はパソコンやスマートフォンなどに囲まれて目が疲れやすい環境下にあるため、目を休養させることは特に大事です。ディスプレーを見ながら仕事などをしている時は定期的に休憩時間を設ける、時々遠くを見るなどして負担を軽くしてあげるようにします。食生活の工夫も、老眼の予防に役立ちます。特にビタミンA、ビタミンC、アントシアニンやルテインといった栄養素は目の機能回復に役立つので、積極的に摂取するようにします。また、ストレスを溜めないことも老眼予防の重要な要素です。

Copyright© 2018 老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】 All Rights Reserved.