老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】

ニュース一覧

6種類の成分で快適な目

考える人

バランスの良い食事が重要

40歳を過ぎた頃から多くの方が感じるのが、ものが見えにくくなる症状。視線を動かすとピントがすぐに合わない、近くのものが見えにくい症状がある場合には、老眼が始まっているかもしれません。目は多くの情報をもたらします。老眼を予防改善し、快適な日々を過ごしたいものです。老眼を予防するためには、主に6種類の成分を積極的に摂ることが重要です。その6種類の成分とは、ビタミンA、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチン、そしてDHAとEPAです。抗酸化作用が高いビタミンAは、眼精疲労に効果を発揮します。レバーやうなぎ、チーズ、卵、緑黄色野菜に多く含まれており、現代の日本人は不足していると言われています。ポリフェノールのアントシアニンは、ブルーベリーやカシスに含まれています。こちらも抗酸化作用が高い上に、網膜のタンパク質再合成をサポートする効果があります。アントシアニンと相性が良いのが、人参やかぼちゃ、ほうれん草に多く含まれているルテインです。目の水晶体に存在する成分ですが、年齢を重ねると減少します。また、体内では生成されないため、積極的に摂りたい成分です。老眼を予防するには、魚介類も積極的に食べましょう。鮭やエビに含まれているアスタキサンチンは、眼精疲労の回復効果と抗酸化作用を持つ成分です。また、青魚に多く含まれるDHAとEPAは、毛細血管の血流を改善します。網膜には毛細血管が集中しており、血流を改善することで眼精疲労を予防できます。老眼予防に効果のある成分は、全身の健康にも良いと言われています。バランスの良い食事を毎日摂ることで、老眼だけではなく万病を予防できます。

Copyright© 2018 老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】 All Rights Reserved.