老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】

ニュース一覧

視力を守る栄養素を取る

目元

目に良い栄養成分

年齢を重ねると、若い頃は新聞の字や文庫本の字など見えていたものが、ぼやけて見えなくなってきます。少し離してて見ないとなかなか読むことができず、ちゃんとスムーズに新分野本を読むことができないのはつらいものです。年齢を重ねて視力が落ちてくるのを老眼といいますが、必ずしも年齢を重ねれば老眼になるというわけではありません。しっかり予防することができれば、老眼になることをさけることができます。老眼を予防するのに良い方法が、目に良い栄養成分を取り入れることです。予防に効果のある栄養素がアントシアニン、ルテイン、アスタキサンチン、ビタミンB1、ビタミンCなどがあります。アントシアニンはブルーベリーに含まれている成分として知られていますが、ほかにもカシスや茄子にも含まれています。ルテインは緑黄色野菜やたまごに含まれています。アスタキサンチンはイクラやサケ、エビなどに含まれる成分です。ビタミンB1は、豚肉や玄米など、ビタミンCは柑橘系の果物やキウイ、野菜にも含まれています。しかしこれらの成分がなかなか摂取することができない場合は、サプリメントで取り入れる方法もあります。栄養成分を取り入れながらなるべく紫外線に当たらないよう、UVカットをすることができる帽子をかぶったり、眼鏡をかけたりことも大切です。しっかり予防することができるように、健康診断で視力検査を受け視力をチェックしていくことも、自分の目を守るのに良い方法です。

Copyright© 2018 老眼予防には生活内での工夫が重要【目を休養させることは特に大事】 All Rights Reserved.